2017.03.19

警戒中。

----------
猫との良好なコミュニケーションを目指して。

朝、読みかけの本を進めていると、颯爽とカゲが机に飛び乗る。
ここぞとばかりに腕を広げると、ここぞとばかりに飛びついてくる。
いつもの重さ、柔らかさ、匂い、温度。顔を見て目ヤニを取って、ぐしゃぐしゃと耳の後ろから頭を撫でる。
ごにゃーん。と喉鳴らし声、抱きついている中で前足を伸ばす、その振動。
宙に舞う毛、たまにヨダレ、なぜ爪を立てるのだ?

これでいいじゃん!

ところで。

この前、コミュニケーションの目的を考えて「傲慢」に至りました。
間違いではないかもしれないけど、とても重いよ!すべて傲慢として生きていくのは息苦しいよ!
ということで、もう少しライトな考えに改めようではないか、とポタリング兼ソトネコ撮りしながらぼんやり考えました。

逃げられる。かなりの高確率で警戒されている。

むむむ。これは、コミュニケーションが足りないのではないだろうか。
こちらとしては敵意ゼロなのに、危険だと誤解されている。

わかりました、先生。コミュニケーションは生き抜くために危害があるか否かを測る道具です。
そしてその目的は、安全の確保、つまり安らぎです。

そこまで戻るか!しかし間違いではない、たぶん。
それでは、誤解を解いて、危険を安全に改めてもらう必要がある。

ん?

いや、そうなんだけど。まったくその通りなんだけど!
コミュニケーションはお互いに理解しようとする心構えがないと、うまくいきません!
それができりゃ苦労はない、っていう感じがします。
そして、今、うまくいっていません。

はっ!なるほど、そういうことでしたか。「お互いを慮る、思いやり」の精神。
自分は猫の気持ちを十分に配慮することができたのか。否。
もしかすると、猫にとって人間は野蛮で危険極まりない存在かもしれない。
そんな危険がやってきたら逃げて当然じゃないか。くそう人間のやろう。
では、どうするか。
抑圧的なコミュニケーションではなく、猫を尊重しなければ。
いや、しているつもりだったんだけど。今まで以上に!
コミュニケーションには「感謝の気持ち」が大切だと言います。
これだ!今まで以上に?今まで感謝してたっけ?

逃げてくれてありがとう!

うん。

違う。
なんだか違うぞ。
突き抜けて、別の世界に行ってしまった感がある。
挙動不審っぷりに拍車がかかっている。



色々書きましたが、ソトネコに警戒されないためには「興味はないオーラ」を出すことが最良だと考えています。
それって、前進も後退もしないコミュニケーションの放棄じゃん。

と、考えた日。

2017.03.16


最近、というか今日のマイブーム。飴玉。

ポタリングのお供にしてみました。
フルーツ系のアソート袋を購入したのですが、安っぽい味が(というと失礼ですが)良いです。
ストロベリー味なんて、本物の苺の酸っぱさからかけ離れているよね。でもおいしい。
こういうのって、一度スイッチが入ると止まらなくなる場合が多いです。
続けざまにオレンジ味。
甘酸っぱさが口の中に広がり、このとき、頭に疑問符が出ました。

なんだ、どこかで食べたことがある、だけれど思い出せない。
オレンジ、たしかにオレンジだ、でもなんだろう、思い出せない。脳細胞の低下か!
モヤモヤするけど、まいっか。ということで帰宅。

が、さっき思い出しました。
あれは「冷凍みかん」の味だ!常温ではなく冷凍みかんの味だ!
と一人で酷く興奮してしまいました。いやー記憶が繋がる瞬間って心地よいです。

たまたま読んでいたエッセイに、お菓子に使用される砂糖の分量が時代により移り変わっていることについて書かれていて、いつさん(祖母)を思い出しました。
以下、脳内ダイジェスト。
・初めて冷凍みかんが給食に出て、とても驚いたこと。
・感動のあまり、いつさん(祖母)においしかった感想を力説したこと。
・いつさん(祖母)が、「そんなら作ってみるかね」といって、みかんがなかったのでトマトを冷凍庫に入れたこと。
・そのトマトが半冷凍になった時に取り出して、塩ではなく砂糖をまぶしたこと。
・それが自分の想像を超えて美味しかったこと。
・隣にいた妹は口にした瞬間、目が泳いだこと。

うん、どうでもいいね。

砂糖が贅沢品だった昭和。しかし、なんと今(平成)より分量が多いそうです。
その時代を生きたいつさんは、きっと良かれと判断してやったことでしょう。
今は、砂糖をまぶすってあまりしないですよね。敬遠しているのは自分だけ?
グレープフルーツに砂糖をまぶす文化って生きているのか、とか。
スイカに塩との境界条件は何か、とか。
あの先がぎざぎざのスプーンって最近見ないのだけど、まだ売っているのか、とか。
ひとつの疑問が解決すると、新たな疑問が発生するパターンです。

あ、でもどうでもいいや。

という日。

2017.03.15


絶賛、年休消化中です。

数年前までは考えられなかった、年休消化。なんてすばらしいことでしょう。
休んでいながら給料もらえるなんて、一体どういった仕組みなのでしょう。お得感満載です。
でも寒くて雨で暇です。人間、暇になるとなにをするのか。
盲目的に夢中になれる何かが欲しい。行動あるのみか!よし!
1日で6冊読了という新記録を打ち立てました。運動していない行動ですが、これは疲れますよ。

そして、はたと気がついたのですが、ここ数日コミュニケーションゼロです。
金曜(5日前)に図書館で「返却お願いします」って会話が最新、たぶん。
ひえー、これはやばいのではないかい。

コミュニケーション。

それは、ドーパミン(快楽)、エンドルフィン(鎮痛)、セレトニン(安定)を分泌させ、脳機能の維持に留まらず、精神面でも大きく関わっている言われます。さっき読んだ本に書いてました。
自分を整理すると色んな欲求とハリネズミのジレンマを拗らせています。

いやいやいや、大丈夫!大丈夫ですよ。大丈夫だ落ち着け。まずは大きく深呼吸!
大丈夫じゃない人間は、やたら大丈夫って言うらしいですけど、大丈夫です。

カゲがいる。

猫との意思疎通、目指すはこれだ。
人間より上位の猫との良好なコミュニケーション。まごうことなき、これだ!

しかし、これまでの経験則で猫は日本語を喋れないのではなかろうか。
少なくとも、カゲと会話が成立したことはない。
はい、ここ!ストップストップ!
私が間違えておりました。今までの考察を改めたい。

カゲが喋るの?

そんなわけないよ!そんなわけあるかもしれないけれど。
ノンバーバルコミュニケーション。(言語でないコミュニケーション)
今からカゲとのコミュニケーションはこの線を主軸としたい。というか今までもずっとそうなんじゃ。
視覚と聴覚(言語以外)で意思疎通の93%を占めている説もあるくらいですよ。
だからこそ、人間は猫をかぶり、化けの皮が剥がれ、もはや化け猫の厚化粧。猫又。
つまりは、化粧もコミュニケーションの一環。それは悪ではない。

では、その時の目的は何か。
つまり、コミュニケーションの目的は何だ。

マズローの言う承認欲求や自己実現の手段のひとつ?共感を得たい?
そういう面は大いにあると思います。
でもこれがね、理解はできるんだけど、カチっと嵌まらないんですよ。

なぜか。

自分の価値、承認されるような価値が自分にはない。
と、白けた目で自分を見ている自分がいます。
突き詰めると、マズローの高次の要求はどうしても傲慢に思えてしまう。(これは性格?)

これを当てはめると、コミュニケーションは傲慢。

えっ?
それはまた極端な。

会話する相手がいなくなることが、不幸のひとつだという考えに至ったこともあります。
これも当てはめると、不幸から脱することは傲慢という構図になります。

がーん。
傲慢を赦さなければ、幸せになれない!
傲慢で成立する幸せ。

いや、そうかもしれない。実はそういう面もあるかもしれないと認めている。
お互いの傲慢で欲を満たせるとしたら、それは良好な関係だと言えなくないかい?
例えば、カゲをあぐらの上に乗せるのは僕の傲慢だけど、あぐらの上に乗ってくるカゲの傲慢でもあるんだよ。

人間の魅力って、そういう傲慢が一役買っている側面もあると思います。
そうすると、その枠では傲慢は悪ではない。

おんや?いたちごっこだ。
結局落ち着くのは、中庸か、、うーむ。
それを含めて欲求を満足させる手段なのかな、人間だ。いや目指すは猫だ。

と考えた朝。今日は2時起床です。

----------
6時30分追記
雨と思ってたら雪だった。寒いよ!

2017.03.12

朝起きて。

そりゃ、人間生きていて寝れば、いつかは起きるんですけど。
その起床時に、味噌汁の準備でまな板を叩いている音が聴こえてきたとすれば、それは幸せなのかもしれません。
例えば、食材をカットするわけでもなく、単に包丁でまな板を叩いているだけだとしても?
だとしたら、それはかなりの高等テクニックですよ。人間の想像力に訴えかける技巧!
それが早朝2時だったらどうする?
一体どのような心の動きがあったのか!うわー怖っ。

幸せな音について話を進めようとしたのですが、なんか不幸への一路になっているような気がします。
なぜだ。おかしい。そんなはずではない。

わかった、そうだ音楽にしよう。食事の時のお供の音楽。
小学生の頃、給食時間のテーマソングがモーツァルトのアイネクライネナハトムジークでした。
これね。
ナハトムジーク。ノクト(夜)のミュージック(曲)なんですよ!
昼時っちゅーの!でもそんなの小学生には関係ないし知らないし、いや、そういうのを教えるのが教養でしょ!
いや夜っていったらショパンのノクターンとか、もっと静かな曲がしっくりくるんだけど。
さすがはモーツァルト先生。

違う。
なんか違う。
なぜだか違う。反れる。

ちなみに、ノクトというと、ノクトニッコールだよね。
58mmF1.2。F1.2よ?大口径こそ至上。

ごほん。

バリバリバリバリ。
一体、何の音か。今朝の目覚めの音。

カゲです。絶賛カゲの爪を研ぐ音です。
それは勘弁して!というこちらの都合はお構いなしで研ぎます。
彼は、目の前にあるものは全て自分のものって思うきらいがあります。
絨毯、畳、カーテン、ソファー、ピアノ椅子、籠、ありとあらゆるもので己を磨きます。

本能によるリスクマネジメント。
や、こちらのリスクも考えてほしい!家中ぼろぼろ。
攻撃力向上しなくていいから。敵いないから。
でも、元気って良いよね!(涙)

無我夢中で爪を研いでいる時に、ポンポン背中を叩くと、びく!っと驚きます。
隙だらけやんけ。リスクマネジメント全然駄目やんけ。

最後のこの文章を書きたかっただけなんですけど、なんでしょうね、この冗長。

2017.02.20

にゃんがー!

----------

気が触れるほどの寒さは緩みましたが、寒いです。
貴重で脆弱なやる気が寒さで削がれます、丁寧に扱いたいのに!

そしていつものことですが、部屋に篭っていると運動不足になります。
これはよくない、しかし、雪道のポタリングは怖い。てか寒い。
それでは、走るか。

という、一時の短絡的な気の迷いにより、しかし僅かなやる気を尊重させ、
あるいは酔っ払った勢いが手伝い、ランニングシューズをアマゾンで購入し、
当日に履いてみるも、雪道で僅か数分でレイノー発症、結局別の靴に履き直し、
さらには軽装では寒かったので、冬山に突入するかのような重装備に整え、
ソトネコに会ったら、写真撮りたいな、とカメラを片手に持ち、
たいそうチグハグな格好で、ランニングを開始しました。
脳トレにもなり、メンタル的にも良い方向といいますし。やるばい!うん、そうね、説明が長いよ。

15分。

体力の限界は意外と近かった。
や、意外じゃない。予測の範囲内だ、うれしくないけど。

走るにはカメラ(コンパクトでない)が邪魔だ。とても邪魔だ!なぜ持ってきた、アホか。
そして、何故か買い物袋を持っている、中身はビール(6本パックのやつ)だ。アホか!
いや、アホじゃないです、ストックが無くなっていたんだもの、購入するのは当然ではないか。
という事で、走ったり歩いたり脇道に反れたり、スーパーで買い物をしたり、ソトネコと戯れたりして、無事に帰宅しました。
諸所、疑問は残りますが、寒いし仕方無いよね。

翌日なんですけど、足の筋肉痛はもちろんのこと、何故か腕も筋肉痛になってます。はて?